サプリで副作用

■サプリで副作用
ドラッグストアにいくとたくさんのサプリメントや健康食品を目にすることができるようになりました。

現在の日本は重度のストレス社会と言われていて、個人の健康に対する意識も非常に高まっている影響もあるのだと思います。

それに加えて、現代人は時間に追われて生活している人も多いということで、レトルト食品やファストフードの多用するひとも増加していると言われています。

その結果、普段の食生活では十分な栄養分を摂ることが難しい時代とも言われています。

そこでサプリメントや健康食品を利用して外部から必要な栄養分を摂ることが必要になってくるのです。

さらに、抽出技術や加工技術の向上によって我々人間の身体に有効な成分を含むサプリメントの開発がされやすくなっているという背景も関係しているのかもしれませんね。

しかしサプリメントを一種の薬と思っている方も多いのではないでしょうか?

サプリメントは基本的に健康食品として分類され食品とされるので、医薬品のような副作用は心配ありません。

しかし、体質によっては利用する人の体質に合わないというケースも現れます。

また、サプリメントの効果を過信しすぎないことにも注意しましょう。

栄養分によっては過剰摂取により体調を崩したり、逆効果になったりすることもあるからです。
サプリメントの副作用