サプリメントで健康

■サプリメントで健康
健康維持に欠かせないビタミンは全部で13種類あります。

とくに水溶性ビタミンは体に溜めておくことができないので、毎日こまめに補っていくことが必要になります。

一方、脂溶性ビタミンは体内に蓄えることができるので、逆に摂り過ぎに注意しなければいけません。

では、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンにはどのようなものがあるのでしょうか?

ビタミンC、B1、B2、B6、B12、葉酸、ビオチン、パントテン酸、ナイアシンが水溶性ビタミンに分類されます。

そして、脂溶性ビタミンはビタミンA、E、K、Dがそれにあてはまります。

水溶性ビタミンは水に溶けやすい性質を持ち、植物や動物の体内では水に溶けた状態で存在しています。

したがって、野菜などを水で洗う際は手際よく素早く洗うようにすること、そして長く水につけているとどんどんと溶けだしてしまいます。

それに対して脂溶性ビタミンは油になじむ性質があります。

動物や植物、体内では油の中で溶けた状態になっています。

油と一緒に摂ることで吸収率はグッとアップする特徴があります。

体調や生活習慣から必要なビタミンが異なるので、不足しがちなビタミンをバランスよく摂るならマルチビタミンがよいでしょう。

健康維持にサプリを始めるならマルチビタミンから始めることをおすすめします。
総合ビタミン剤筋肉トレーニング